So-net無料ブログ作成
検索選択

アンケート投票結果(EOS 6D mark II) [デジカメ]

Canon RumorsにEOS 6D mark IIの投票結果の記事が掲載されました。


良い

・45点AF:42.9%

・バリアングルタッチ液晶:26.6%

・26.6Mピクセル:7.1%

・Dual pixcel CMOS AF:20.0%

・連写速度6.5枚/秒:3.3%


残念

・4Kビデオがない:37.9%

・Dual SDカードスロットでない:23.2%

・UHS-1 SDカードスロット:5.7%

・AFポイントのカバー範囲が十分な広さでない:27.4%

・popupのフラッシュがない:5.7%


EOS 6D mark IIを買うか?

・すでに注文した:9.1%

・多分。でも実際のレビューを見るまで待つ:36.3%

・買いたいけど、そんな余裕はない:12.7%

・これは欲しいカメラではない:27.4%

・Canonユーザを止める:14.5%


 45点AFやDual Pixel CMOS AFはプラスの結果のようですが、4Kビデオがなく、AFポイントのカバー範囲が狭い上にdual SDカードスロットでないところがマイナスのようですね。


 6.5枚/分の連写速度はわずか3.3%。連写よりも4Kビデオのニーズの方が期待が大きかったようです。


 EOS 5Dシリーズと6Dシリーズは恐らく意図的にその指向性を変えているので、5Dシリーズの廉価版を期待している方にとっては残念な結果ということでしょうか?



西湖と富士山と星の軌跡(フォト蔵より) [写真・旅行]


山梨県・西湖からの撮影です。

約45分ほどの写真比較明合成しました。


誰か1人ぐらいはいるのではないかと思ったのですが、誰もおらずたった一人での撮影でした。




例年通りならば7月には梅雨明けするので、晴れればこんな写真が撮れるようになりますね。

深夜・早朝に運転することもありますが、疲れた時は無理せず、ホテルでお休みを。




EOS 6Dと6D mark IIの仕様比較 (update) [デジカメ]

EOS 6DとEOS 6D mark IIの比較(update)
前回の記事は正式発表前でしたが、昨日、Canonから仕様も公開されましたので、改めて比較したいと思います。
  EOS 6D EOS 6D mark II Note
センサー画素数 20.2Mピクセル 26.2Mピクセル 新型センサー
映像処理エンジン DIGIC5+ DIGIC7  
AF
位相差検出
45点(全点クロス)
Dual pixcel COMS AF
DIGIC7搭載機と同じ 
測光センサー iFCL
7560ピクセル+IR
EOS iSA system
6D2のセンサーは80Dと同じ
視野率 97% 98% 100%ではないですね。 
ファインダー倍率 0.71倍 0.71倍  
インターバルタイマー
有り
インターバルタイマーがサポート
HDR
有り
+仕上がり効果
絵画調、グラフィック調などの仕上がり効果をサポート
液晶 3.0インチ
3.0インチ
DIGIC7搭載機と同じ。
バリアングル+タッチパネルをサポート。 
連写 4.5枚/秒 6.5枚/秒 高速化 
連続撮影(RAW) 14枚 18枚 約30% up
標準ISO感度 100~25,600 100~40,000 上が40,000までUP
拡張ISO
50(L),
51200(H1),
102400(H2)
50(L),
51200(H1),
102400(H2)
 
ビデオ Full HD 30P, HD 60P Full HD 60P, HD 60P Full HD 60Pをサポート
手振れ補正 非サポート 5軸手振れ電子補正 M5, 9000D と同じ
4Kタイムラプス動画 非サポート サポート EOSシリーズ初4K
アンチフリッカー 非サポート サポート
7D2, 8000D,9000D
などでサポート
無線インターフェース WLAN WLAN/Bluetooth/NFC
DIGIC7搭載機と同じ
Bluetooth/NFCをサポート 
GPS
サポート
サポート
(GLONASS)
(準天頂衛星みちびき)
ログ機能サポート
みちびきやGLONASSをサポート。
GPSロガーもサポート。 
電子水準器 サポート サポート  
リモコン
RC-6(赤外線)
RC-6(赤外線)
+BR-E1(Bluetooth)
Bluetoothリモコンをサポート
バッテリー
LP-E6N/ LP-E6 LP-E6N/ LP-E6  
撮影枚数
約1090枚 約1200枚 若干、枚数UP 
SDカード
SD / SD HC / SD XC
(UHS-1サポート)
SD / SD HC / SD XC
(UHS-1サポート)
 
サイズ(mm)
144.5 * 110.5 * 71.2 144.0 * 110.5 * 74.8 若干小型化 
質量
680g(本体)
755g(CIPAガイドライン)
685g(本体)、
765g(電池、カード含む)
6D: 世界最軽量フルサイズ
6D2:バリアングル液晶搭載で世界最軽量フルサイズ
前回の記事と同じでしたが、詳細仕様が出たのでさらに差異が確認できました。
良い点
 ・過去機種の機能を取り組んだこと(手振れ補正、無線インターフェース、アンチフリッカー)
 ・GPSロガー機能、みちびき対応、インターバルタイマー対応
 ・連写速度の高速化
 ・Full HD 60p対応
残念な点
 ・視野率98%
 ・標準ISOの上限が40000
 ・4K動画非サポート
 といったところでしょうか。
 確実な情報についてはCanonのwebページをご確認ください。


デジタルカメラランキング

 


EOS 6D mark IIと EOS kiss X9同時発表 [デジカメ]

EOS 6D mark IIとEOS kiss X9が同時発表されました。






日本時間の明日発表かと思われていたのですが、本日6/29の発表でした。


バリアングル液晶搭載という条件付きながら、予想通り(その1その2)、世界最軽量カメラの同時発表でした。


同時にキャンペーンも発表されました。

EOS 6D mark IIは以下の3点が全員、もらえるようです。

・オリジナルストラップ

・(バッテリパックLP-E6N+サンディスクExtremeSD 64GB)又はSandisk Extreme500(250GB ポータブルSSD)

・Mync Standard


EOS kiss X9の方はカメラリュックが全員にプレゼントされるようです。


詳細仕様も発表されていますので、次回は詳細仕様を追ってみたいと思います。


待ちに待ったこの日、ついに来ました。



EOS kiss X8は永久欠番? [デジカメ]

軒下デジカメ情報局さんのツイートでX7後継機の型番はX9というつぶやき(2017/6/28, 17:32)がありました。


Canon Romorsの記事ではX8としていたのですが、どうやらX9のようです。

とすると、この先X8に戻ることはないでしょうから、事実上の永久欠ということになりそうですね。


ところで、kiss X9の次はどういう型番になるのでしょうか。X10って書いてみましたが、これってkissシリーズの2桁番号ですので、つまり廉価版ですよね。


これまでの廉価版はEOS kiss F, X50, X70, X80でしたので、X10も欠番にしてX11からでしょうか?

来春、どんな型番にするのか、ちょっと気になります。



タグ:EOS Canon kiss

EOS 6Dと6D mark IIの仕様比較 [デジカメ]


正式仕様が発表されたので、こちらにUpdateの記事を掲載しました。


EOS 6DとEOS 6D mark IIの比較


(6D2のSpecは確定ではありませんが・・・)

昨日の記事で書いたEOS 6D mark IIのSpecと現行EOS 6D の比較をしてみました。


  EOS 6D EOS 6D mark II Note
センサー画素数 20.2Mピクセル 26.2Mピクセル 新型センサー
映像処理エンジン DIGIC5+ DIGIC7  
AF
位相差検出
45点(全点クロス)
Dual pixcel COMS AF
DIGIC7搭載機
と同じ 
測光センサー iFCL
7560ピクセル+IR
EOS iSA system
6D2のセンサーは
80Dと同じ
視野率 97% 98%  
ファインダー倍率 0.71倍 0.71倍  
液晶 3.0インチ
3.0インチ
DIGIC7搭載機
と同じ 
連写 4.5枚/秒 6.5枚/秒 高速化 
標準ISO感度 100~25,600 100~40,000 上が40,000までUP
拡張ISO
50(L),
51200(H1),
102400(H2)
50(L),
51200(H1),
102400(H2)
 
ビデオ Full HD 30P, HD 60P Full HD 60P, HD 60P Full HD 60Pをサポート
手振れ補正 非サポート 5軸手振れ電子補正 M5, 9000D と同じ
4Kタイムラプス動画 非サポート サポート EOSシリーズ初4K
アンチフリッカー 非サポート サポート
7D2, 8000D,9000D
などでサポート
無線インターフェース WLAN WLAN/Bluetooth/NFC
DIGIC7搭載機
と同じ 
GPS
サポート
サポート  
電子水準器 サポート サポート  
バッテリー
LP-E6N/ LP-E6 LP-E6N/ LP-E6  
撮影枚数
約1090枚 約1200枚 若干、枚数UP 
SDカード
SD / SD HC / SD XC
(UHS-1サポート)
SD / SD HC / SD XC
(UHS-1サポート)
 
サイズ(mm)
144.5 * 110.5 * 71.2 144.0 * 110.5 * 74.8 若干小型化 
質量
680g(本体)
755g(CIPAガイドライン)
685g(本体)、
765g(電池、カード含む)
6D: 世界最軽量フルサイズ
6D2:バリアングル液晶搭載で世界最軽量フルサイズ

 ということで、ざっと見てみますと、6Dが持つ本来のSpec UPと過去に発売された機種に搭載済みの機能を加えたような仕様ですね。


 それにしても、APS-CのEOS80Dの視野率が"約"100%で、フルサイズの6D2の視野率は98%でしょうか??? 何か違うような気がするのですが・・・。


 仕様の正式発表が待ち遠しいですね。あと3日です。




 


EOS 6D mark IIのフルスペック(視野率98%、質量685g、他) [デジカメ]

Canon WatchにEOS 6D mark IIの詳細仕様が掲載されました。


・26.2Mピクセル(合計27.1Mピクセル)

・DIGIC7

・45点AF(全点クロスタイプ)

・Dual pixel CMOS AF

・7560ピクセル RGB + IR測光センサー

・視野率98%

・ファインダー倍率0.71倍

・連写6.5枚/秒(AFサーボ時は4.0枚/秒)

・標準ISO感度100~40,000(拡張ISOは50[L], 51200[H1], 102400[H2])

ビデオ:Full HD 60P, HD 60P

・5軸電子手振れ補正

・4Kタイムラプス動画

・アンチフリッカー

・Wi-Fi/Bluetooth/NFC

・GPS

・電子水準器

・バッテリ(LP-E6N/LP-E6)

・撮影枚数は約1200枚(ビューファインダー利用時)

・SD / SDHC / SDXC カード(UHS-1カード互換)

・サイズ(144.0 x 110.5 x 74.8 )

・質量685g(本体のみ)、765g(バッテリとSDカードを含む)

・キットレンズ(海外)はEF 24 – 70 mm F4L IS USM”, “EF 24 – 105 mm F 4 L IS II USM”, “EF 24 – 105 mm F 3.5 – 6 IS STM”


ということでした。

前回の記事の質量はバッテリ、カード込みの質量だったんですね。


Canon Watchの記事のコメントによれば、バリアングル液晶搭載のフルサイズDSLRでは世界最軽量ということです。


なるほど、「バリアングル液晶搭載の」が付くわけですね。あと6g頑張れば、条件なしで世界最軽量だったはずなんですが、思ったよりも軽量だったのはうれしい限りです。

が、視野率98%は残念です・・・。


 次回は現行6Dのスペックと比較してみたいと思います。



EOS X8?(X7後継機)のSpecと画像 [デジカメ]

EOS 6D mark IIと同時発表の噂のあるX7後継機の情報が出ています。






このうち、Canon Rumorsでは型番をX8としています。


Digic7搭載ならば、X9iとのスペック差はあまり見当たりません。

連写:5枚/秒(X9iは6枚/秒)

質量:453g(X9iは485g)


24Mピクセル、3インチのバリアングル液晶も同じです。kiss X2桁シリーズではないですし、今更Digic6を使う理由はないでしょうから、Digic7を使ったX9iの廉価版という位置づけでしょうか?


軽量版機種はミラーレスということですね。

フルサイズを含めて非ミラーレス機種に対しても、軽量化にも力を入れてほしいのですが・・・。


6D2、X8?の2機種は今月末発表のようですので、あとはM10後継機ですね。



EOS 6D markIIの仕様詳細と画像 [デジカメ]

デジカメの各情報サイトにEOS 6D markIIの仕様と写真の記事が載りました。

digicame-infoさん(元ネタは軒下カメラさん)

Canon WATCH(元ネタは軒下カメラさん)


・26.2Mピクセル

・Dual pixel CMOS AF

・45点クロスタイプAF

・6.5枚/秒

・最高ISO感度:40000

・フルHDビデオ

・5軸手ぶれ補正

・3インチバリアングル液晶

・Wi-Fi/Bluetooth

・GPS

・質量:765g


 ほぼほぼ当初の噂通りでした。NFCはなくGPSでした。GPSは6Dでも搭載されているので、機能を継承しています。

 その他の機能はこれまで発表されたDigic7シリーズの一眼とほぼ同一スペック。バリアングル液晶は6Dとしては初。

 5軸手振れ補正はEOS M5に搭載されているようです。

 質量は6Dの680gに対して765gなので85gの増加です。残念、さらに重くなってしまいました。

 連写速度は9000Dの6枚/秒、5D markIVの7枚/秒に対して、6.5枚/秒なので中間をとったような仕様です。

 一方の最高ISO感度の40,000は随分と低めの値でした。9000DなどのDigic7搭載機種は25600なので、計算上は59,000くらいまでは許容されるのかと計算したのですが、これはかなり低いです(そんな感度は使わないんですけどね)。

 5D4が32000で1DX2が64000なので、5D4に大差をつけさせない仕様ということでしょうか。


 こうして仕様を見ると順当なスペックUPでしたが、これですと面白みがないと感じるのは私だけでしょうか?

 いつもは無理でも驚きや感動を与える技術を導入して欲しいですね。


 発表は6/29(日本時間6/30)のようですので、あともう少しです。



EOS 6D mark II , EOS kiss X7後継機はやはり世界最軽量狙い? [デジカメ]

Digicame-infoさんにEOS kiss X7後継機に関する記事が掲載されました。

元ネタはCanon WATCHです。


RatingはCW3です。CW3は50%の現実性ということで確度はまだまだ低いです。

(Canon WATCHのRatingはCW5が最高です)。


Specについて


SpecはX9とほぼ同様としています。

・24Mピクセル(*)

・3インチバリアングル液晶(*)

・1080p/60fs動画(*)

・Dual Pixel AF(*)

・Wi-Fi/NFC

・45点AF(*)

・Digic7(*)

・ISO51200(*)

・タイムラプス、HDR動画(*)

・世界最小カメラ


(*)がEOS kiss X9iと同スペックのものです。

機能的な違いはBluetoothの有無のみとなっています。


「世界最小」(元記事では"the world’s smallest DSLR")と表記しているところが、ポイントでしょうか。

最軽量ではなく「最小」なんですね。


質量差の検討

最軽量ならば、バリアングル液晶はとてもネックになります。

過去機種の質量比較をしてみます。






 X7とX7iの差は155gあります。

 X9iとX7iの差は40gで約7.6%軽量化されています。


 仮に、155gの軽量化がX9iに対して行われたとすると、485-155=330gです。

 この質量ならば、ミラーレスでない機種としては驚異的な軽さになります。


 ファインダーやミラーのないEOS M6ですら343gですから、これを超える軽量化が実現されます。


EOS 6D mark IIと Kiss X7後継機はやはり最軽量狙い?


 過去記事にも書きましたが、Kiss X7はAPS-Cの一眼で最軽量、EOS 6Dはフルサイズで最軽量という共通のアイデンティティを持った機種で、今月末にこれらの機種が同時発表されるのは、最軽量を意識しているのではないかと考えてしまします。


 EOS 6D mark IIはすでにバリアングルは確定のようで、Kiss X7もバリアングルを持ちつつ、しかし、X7よりも軽量化の噂があります。


 もし、バリアングル液晶を持ちつつ、最軽量化を狙うとしたら、例えば、ボディの素材をマグネシウム合金からカーボン繊維などに変更して軽量化するなどが考えられます。


 価格は上がってしまいますが、6D2もX7後継機も他の機種と部品を共用化して、コストを下げる方法があり、実際に6D2のスペックはこれまで発表された Digic7搭載の機種とSpecに差がほとんどありません。なので、先日書いた記事では残念、と書いたわけですが・・・。


 世界最軽量機種のW発表になるのか、今月末が楽しみですね。